アコムでは在籍確認の電話を回避できるのか?

在籍確認とはローンを申込む際に、申込者の返済源である給与が現在でも継続して支給されているかどうかを確認する為に、申込者の勤務している会社に電話して確認を取ることです。

 

特に無担保で貸すカードローンの場合はこの在籍確認の電話を回避する事は出来ませんが、カードローンの申込んだ事が会社の電話口の方にバレてしまう恐れがあるので、何とか避けたい方が多いのも事実です。

 

 

もちろんアコムでも在籍確認の電話は必須で避けることができません!


アコムでもこの在籍確認の電話が必須ですが、一応電話ではアコムとは名乗らず、担当者(オペレーター)の名前で電話が掛かってきます。しかし電話口の方も社員の全ローンの在籍確認の電話を取ってきているわけですから、自然と在籍確認の電話だと分かるものです。

 

ですのでどうしても会社に電話されては困ると言う方は、在籍確認は避けられませんが、電話以外の方法で確認を取る相談ができるカードローンに申込む事が必須になります。

 

 

なので在籍確認の電話以外の方法で確認をする相談ができるプロミスへ申込みましょう!


インターネット申込後にプロミスに電話するか、申込内容確認の電話が掛かってきた際に相談すれば大丈夫です。

 

>>アコムでも例外的に在籍確認の電話を回避できる場合とは?

在籍確認の電話を別の方法でしたいのなら無利息サービスもあるプロミス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

アコムでも例外的に在籍確認の電話を回避できることがある

アコムでも例外的に在籍確認の電話を回避できることがあります。それは、

 

 

申込者の在籍会社が休みの時です


在籍確認が完了しないことには審査は完了しません。それはその日に借入する事ができないと言う事です。ですのでアコムでは申込者の在籍会社が休みの時だけは書類で確認を取ってくれます。必要書類は、

直近の給与明細や健康保険証です

在籍会社が休みなら電話を回避できるアコム

アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

アコムで土日に即日融資を受けるには?

土日は金融機関の休業日なので、振込融資自在のアコムでも

 

 

即日振込を受ける事ができません。


※ただし楽天銀行の口座であれば、メンテナンス時間以外は24時間365日振込融資が可能です。

 

なので即日融資を希望する際にはアコムの自動契約機であるむじんくんで即日カード発行して融資を受ける方法しかありません。ですのでしっかりむじんくんの設置場所を把握しておく必要があります。

 

いくらむじんくんが22:00まで営業している(一部店舗では時間が営業異なります)と言っても、審査は自動ではないので審査する担当者がいる時間までに申込まなければならない(およそ21:00の申し込みまで審査が可能です)という即日融資は、時間との戦いですから

 

 

  • むじんくんがいけるところにあるのか?
  • そこまでどれくらい掛かるのか?

ということを把握しておかなければなりません。そんな時に便利な都道府県別むじんくん設置場所一覧を用意していますので、こちらで確認を取っておいてからネット申し込みを済ませてむじんくんへ向かってください。

 

>>都道府県別むじんくん設置場所一覧<<

アコムが在籍確認を行っている理由とは?

アコムでは、融資を行うための審査段階で在籍確認の電話連絡を行っています。これは、アコムが利用するための条件として「安定した収入があること」を掲げている関係から避けることができないものです。

 

ではなぜこの在籍確認を避けることができないのかといえば、ひとつの理由としてアコムで「担保」や「保証人」を用意することなくお金を借りられるという点があります。

 

担保や保証人を立てずにお金を借りることができるということなので、

 

 

アコムが保証対象とするのは本人保証ということになります。


本人が保証人と契約者を兼ねるというのがアコムでお金を借りる場合の極端な考え方になるのですが、実際にお金を借りる本人に問題がないかどうかを判断するために在籍確認を行っています。

 

これはアコムでお金を借りるために身分証明書を提出して本人確認をするという概念に似ています。

 

申し込んできた本人が社会的に問題のない人物かどうかについては、身分証明書の確認で可能ではありますが、それはそれとして、

 

 

返済能力に問題がないかを調べるという意味で在籍確認が行われているというわけです。


返済能力というのは、ただ会社勤めをしているから問題ないと判断されるわけではありません。

 

たとえばアコムでは、パートやアルバイトで働いている人であってもお金を借りることができますが、こうした人でも在籍確認として勤務先への連絡を行っています。

 

返済能力とは、どの程度その収入が安定しているのか、その根拠を探る目的もあります。昨日今日入ったような人の場合は、まだ「安定した収入」とは言いがたい状態にありますので、ある程度の勤続期間は必要といえます。

 

パートやアルバイトであっても在籍確認を避けることができないという点については少し抵抗を感じるかもしれませんが、逆にいえばパートやアルバイトであっても差別をしないというアコムの姿勢の現れでもあります。

 

同様に他の消費者金融の在籍確認についてもいえる事だと思います。審査はアコムからの信用をどれだけ得られるかという点も関係していますので、在籍確認はそのためにも行われているといえるかもしれません。

 

アコムでもこれだけの確認作業を実施しているのですから低金利なものになると尚更厳しい確認作業にはなってきます。