アコムの審査に通らなくなる事実と異なる情報

アコムは誰もが手軽に申し込むことができる消費者金融業者ですが、それでも審査となるとやはり不安に感じるものです。そんなアコムの審査ですが大前提といえるのが『必ず事実を伝える』というものです。

 

アコムに申し込む人の中には、少しでも審査を有利に進めたいと考えて年収や借入金額、勤務先などについて事実と異なる情報を伝えてしまうといった人がいます。

 

 

しかし、『事実と異なる情報』というのは伝えたとしてもそれが逆効果にしかなりません


ので、アコムの審査では必ず事実に即した情報で申し込むことが大切です。ではなぜこれらの情報は事実と異なっているとばれてしまうのかということですが、まず勤務先についてはアコムでは審査で『在籍確認』を行っていますので、この段階で事実かどうかが確認されます。また、年収についてですが、

 

アコムでは50万円以上の融資を申し込む場合に収入証明書の提出が必要となっています。


ここでは源泉徴収票給与明細といった具体的な収入の金額が確認できる書類の提出を求められますので、ここで提出できなければ審査には通りませんし、記載されている金額と申告した金額とが異なっていても、もちろんアコムの審査に通ることはありません。

 

さらに、アコムでは50万円未満の融資を行う場合であっても必要に応じて収入証明書の提出を求めることがありますので、年収についても事実と異なっているという場合にはその事実がばれてしまう可能性があります。そして既存の借入金額についてですが、

 

 

アコムでは審査において個人情報信用機関の情報を参照して与信判断を行っています。


ここには過去のキャッシングの利用をはじめ、クレジットカードの支払状況なども登録されていますので、この情報を確認することでその人が現在いくら借入を受けているか、ということがすぐにわかります。

 

このように、アコムでは事実と異なる情報で申し込んだとしても必ずばれるようになっていますので、やはり審査に通るためには正確な情報を伝えることが重要といえるでしょう。