アコムの審査で判断される安定収入ってどんな収入?

アコムでは融資を行うための条件として安定した収入を得ていることというものを挙げています。そのため、専業主婦のように毎月の収入がないという人に対してはアコムは融資を行っていません。

 

アコムが審査段階で想定している「安定した収入」とは、主に以下のようなものとなっています。

 

 

  • 会社から受け取る給与
  • 事業による収入(自営業など)

つまり、一般的な「労働」によって得ることができる収入であればアコムの審査においては「安定した収入」と判断してもらえるということになります。また、それと共に

 

 

  • 家賃収入などのような不動産収入
  • 投資による収入

についても安定性を証明することができればアコムの審査でも「安定した収入」と判断されます。但し、投資による収入についてはどうしても時期などによって不安定な場合が多くなりますのでアコムの審査でも慎重に判断される収入だといえます。

安定した収入を証明する書類とは?

さらに、いわゆる「給与収入」以外の場合は客観的に収入を証明するための資料を用意しなければならないといったケースもあり、たとえば確定申告書などを提出する必要があります。勿論、このあたりについては必ずしも用意しなければならないという性格のものではなく、

 

 

収入証明書の提出については融資を受ける金額や申し込んできた人の状況などによって異なります。


アコムから借入を受ける金額が少額の場合などは高額の融資を行う場合に比べて審査基準も異なりますので、敢えて書類を用意する必要はないとする場合がほとんどです。

安定した収入と判断されない収入とは?

アコムの考える「安定した収入」というものについてですが、注意したいのが年金や生活保護費などは「安定した収入」とは判断されない、という点です。確かに年金や生活保護費については毎月の収入ではありますが、これらは

 

 

あくまでも、生活するために必要なお金である


為、ここからアコムの返済に充てるのは現実的ではありません。年金受給者がアコムを利用する場合には、年金以外に安定した収入を得ていることが条件となります。