アコムの利息の計算方法こうする

キャッシングの利息計算というのは、それほど複雑ではありません。アコムの金利計算も然りです。大手消費者金融でいう実質年率というのは、

 

 

利息の○○%を365日で分割して計算しています。


携帯等にある電卓機能で計算すると簡単に出ます。例えばアコムの計算式でいうと、

利息=借金残高×実質年率(18.0%で計算する場合は0.18です)÷365(うるう年の場合は366)×利用日数(融資日当日は除外)

という計算式になります。分かりやすく借金10万円でいうなら、10万円×0.18÷365×利用日数30日とすると1,479円になります。

 

しかし、この計算式は正直実際の借り入れ時にはあまり意味を成しません。というのもこれとは別に返済時の最低金額が定められているからです。これもアコムの例でいうと、

最低返済額=借金金額(こちらは残高ではなく初期の借入金額です)×4.2%

の計算式になりますが、1,000円未満の金額は切り上げになります。先ほどの例で言えば10万円×4.2=4,200円の計算ですが、切り上げなので4,000円ではなく5,000円になります。

 

この4.2%という数字は、30万円以下の借り入れの場合に適用され、30万円から100万円の間は3.0%に、100万円以上の場合は2.0%から3.0%になります。この最低金額は、あくまで払えない時の一時凌ぎであり、

 

 

この最低金額の返済を繰り返していても借金完済は難しいのが現実です。


お金がない時でもこれだけは払わなければいけないという予備知識として覚えておいてください。また、返済期間自体も金額によって決まっているので、延々と最低金額を払い続けるという事もできません。

 

そして借金残額を減らしていかなければ、利用日数だけが増えていくので段々利息は膨れ上がっていきます。あまり最低返済額や利息の積み重ねは考えず、返せるときは多めに返済し、早めに完済することを心掛けましょう。