自営業や個人事業主でも申込めるアコムのビジネスサポートカードローン

アコムは誰でも手軽に申し込むことができる消費者金融業者ですが、自営業であっても融資を申し込むことができます。個人事業主などのいわゆる自営業の人の場合ですが、大きなポイントとなるのが収入の安定性です。

 

 

事業の収支が確認できる書面も必要ですか?


自営業というのは月によって収入が多かったり少なかったりするものですが、アコムの審査ではやはり「赤字」が多くなると審査では評価が低くなる可能性があります。

 

 

ビジネスサポートカードローンの場合には収支内訳書の写しが必要です。


月によって得られる収入の金額に差があるのは自営業に限ったことではありませんが、それでも経営状態が安定していることがアコムの審査に通るためには重要となります。

個人事業主はどんな書類が必要?

また、自営業で収入を得ている人がアコムで融資を受けるためには様々な書類を用意しておく必要があります。例えば、アコムが会社員やパート、アルバイトの人に融資を行う場合というのは勤務先に在籍確認を行っていますが、そもそも「勤務先」というものが存在しない自営業の場合は在籍確認がありません。

 

 

自営業の在籍確認はどのような形で行われますか?


そのため、自営業として収入を得ていることを証明する書類を提出する必要があります。たとえば課税証明書や源泉徴収票などがそれにあたりますが、こうした書類を添えて申し込むことでアコムではそれを審査の材料として判断することができます。

 

 

電話連絡による確認は勿論ですが在籍確認の判断となる書類も要求されます。


ここで収入が安定してあること、経営状態が特に問題なく推移していることが確認されればアコムでの融資も特に問題なく利用することができるでしょう。

事業性資金としては原則利用できない

但し、自営業の人がアコムを利用して融資を受ける場合に注意しなければならない点は、アコムから融資を受けたお金というのは「事業性資金」としては利用できないという点です。

 

 

給与の支払い使用してもいいですか?


自営業ですので、自身の経営する事業の運転資金としてアコムから融資を受けようとする人もいるかもしれませんが、アコムから受けた融資はこうした目的として使うことができません。

 

 

原則、事業に関わる資金としての利用はできないです。


あくまでも自身の趣味や遊興費など事業性資金以外の目的としてアコムからの借入金を利用するということが利用の条件となっています。